汉语和日语被动态的比较

浏览次数:138 时间:2020-07-14

  汉语和日语被动态的比较[日语论文]

  中国語と日本語における受身表現の対応関係

  摘 要:本文通过对日本和中国语言被动态的翻译参考,中日两国被动态的形式和意义的比较,探讨两者之间到底存在什么样的对应关系和不对应关系。这样做,不仅了解两国被动态表现,更加深层次的了解两国民族精神构造。以此为研究目的,所以决定写这个论题。中国也适用被动态,但是,与日本比较来说,日本人使用的被动态更加多。日本语当中,通过不同的被动意义来分类,而中国,却只分为两大类。本文通过实际例子分析,比较两国被动态分类的意义和分类,从而探讨两者的共性与异性。从而了解日本文化,分析日本人的心理意义。

  第一章是两国被动态的概要,第二章探讨两国被动态的类型和意义。第三四章来探讨两者的对应和不对应关系。

  关键词:被动态;被动态表现;对应关系;民族精神

  要 旨: 本稿は日本語の受身の中国訳と中国語の受身の日本訳を参考にして、中日両国の受身表現の形式と意味について比較し、両者の間に何らかの対応関係がないかということを検討していくことにしたい。これによって両国の受身表現だけではなく、それを使う民族の精神構造をより深く理解することにもつながるのではないかという問題意識と研究目的のもとで、本稿のテーマを決めたわけである。中国語にも受身が存在するが、中国人より日本人のほうが受身表現を多く使っているとされている。しかも、日本語は受身表現の意味によっていろいろなタイプに分類されている。本稿は受身文の実例分析を中心に両国の受身の分類と意味的な特徴を比較し、両国の受身文の対応関係を検討してみた。にもかかわらず、まだ簡単なまとめにとどまり、日本の文化と日本人の心理と結びつけて、日本人が受身表現を使う社会環境や特有な受身表現を中心に日本の受身表現を分析することはまだ足りなくて、それらを今後の課題にしたいと思う。

  第一章では中国語と日本語における受身のあらすじ。第二章では中日における受身表現の種類と意味を検討した。第三章と第四章では両者の受身の比較で、中日受身の対応関係と不対応関係を検討した。

  キーワード: 受身;受身表現;対応関係;民族精神

  易轩外文翻译网.png